「神は我々と共におられる」

マタイ1:18-25

ヨセフはマリアと婚約していました。しかし、そんなヨセフに突然、思いもよらない知らせが届きます。婚約者のマリアが妊娠をしているというのです。ヨセフには全く身に覚えがないことでした。「何で?」「どうして?」「とても信じられない」そんな思いだったのではないでしょうか。当然考えるのは、他の男性と関係を持ったということでした。ヨセフにしてみれば、裏切られたという思いの中で、怒りや悲しみ、失望の思いが次々に湧き上がってきたんじゃないかと思います。あまりの出来事に自分の中で整理できないような思いもたくさんあったのではないでしょうか。しかし、マリアとの関係について、何かしらの結論を出さなければなりませんでした。そんな中、ヨセフはマリアとのことを、どうするべきか、あれこれと悩み、「ひそかに縁を切ろうと決心し」(1:19)ていました。本日の箇所を読みながら心に留まるのが、この「ひそかに」という言葉です。ヨセフは、マリアとのことを誰にも言えませんでした。状況から考えて、それはそうだろうなと思います。簡単に人に言えるような話ではなかったのだと思います。ですが、このような問題を一人で抱えて、本当にしんどかったろうなとも思います。1:19を読みながら、もう一つ心に留まるのが、「夫ヨセフは正しい人であったので」という言葉です。聖書がこんなふうに書いているということは、ヨセフという人が本当に真面目で正しい人だったのだろうなと思います。しかし、何というのでしょう。ヨセフはそういう人であったからこそ、余計、抱え込んでしまったのかも知れないとも思ってしまいます。そういうことって、あるのではないでしょうか。真面目で正しい人である…。そうであるがゆえに、一人で色々なものを抱え込んでしまうということがあったりするのではないかと思うのです。あるいは、そういうふうに正しくあろうとするがゆえに、どうしても、こうじゃなきゃいけない…。こうあるべきだという思いが先に立ってしまって、心を狭めてしまっていると言うか、思い詰めてしまうようなこともないだろうか…。そんなふうにも思ったりします。

私はこのヨセフの姿を思う時、ヨセフの気持ちが痛いほど心に迫ってきます。本当にヨセフは色々と考えたんだろうなと思いますし、悩んだのだろうなと思います。しかしながら、そのようにして出した答えというものを思う時、やはり残念に思います。本当にこういう答えを出すしかなかったのかなぁと思ったりするのです。

そんなヨセフに主の天使が夢に現れて、「恐れず妻マリアを迎え入れなさい」と呼びかけたのです。ヨセフがそのまま彼の中だけで答えを出そうとしていたら、思いは変わらなかったと思います。しかし、そんなヨセフに主の御使いが出会ってくださいました。そして、その出会いによってヨセフは変えられたのです。ヨセフは、自分の中で考えていた正しさから、本当の意味での最善の道、命と救いへと至る正しさの道を選び取っていくことができたのです。私自身、時々に本日のヨセフの姿のようになっていることがあるかも知れないと思います。そんな中、こういう神様との出会いをすることができたらということを思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »