「二組の陣営」

創世記32章1-22節

 ヤコブは20年間、ハランの地で過ごしてきましたが、いよいよ故郷であるカナンの地に向けて旅立ちました。しかし、それは簡単なことではありませんでした。そこには色々な課題があったのです。まず、ハランを出発するにあたって、ヤコブの妻レアやラケルの父親であるラバンの問題がありました。ヤコブたちはラバンに黙って、ハランを出発してしまいます。しかし、ヤコブたちが出ていったあと、ラバンはヤコブたちを追撃し、ついにヤコブたちに追いつきます。ヤコブは窮地に追いやられました。しかし、ここで神様が働いてくださるのです。ヤコブに追いつく前日の夢で神様がラバンに現われ、「ヤコブを一切非難せぬよう、よく心に留めておきなさい。」(31:24)と語ってくださいました。このため、ヤコブはラバンからひどい目に遭わされたりすることもなく、ヤコブのもとを去るのです。

こうして、ヤコブを悩ませていたラバンの問題は解決することになるのですが、ヤコブを悩ませていた問題というのは、ラバンのことだけではありまでした。むしろ、ここからが本題でした。ヤコブが故郷であるカナンに帰るにあたって、最も悩ませていた問題は、兄のエサウのことでした。かつて、ヤコブがカナンを出ていったのも、このエサウのことがあったからでした。ヤコブは、お父さんであるイサクをだまして、エサウが受けるはずだった神様からの祝福を自分が受けてしまいます。そのことをエサウは怒って、ヤコブを殺してやるとさえ言っていました。このため、ヤコブは家にいることができなくなり、逃げ出すようにハランにやって来ていたのです。そんな故郷カナンにヤコブは帰ることになったわけですが、エサウが今どういう思いでいるのか、自分をどんなふうに迎えてくれるのか、想像もつきませんでした。もう20年も前のことだから、さすがにあの時のようには怒っていないんじゃないかと考えたり…。いやいや、それはどうか分からないと考えたり…。あれこれと考える度に、ヤコブの心は揺れ動いていたのではないでしょうか。そんなヤコブのもとに神様の御使いが現れたというのが本日の箇所です。ヤコブたちが旅を続けている途中、ヤコブの前に突然、神の御使いが現れました。その御使いたちは、自分たちが引き連れていた一行の他に、一つの陣営を取っていたというのです。ヤコブは、その幻を見て、「ここは神の陣営だ」と言いました。そして、その場所をマハナイムと名付けたのです。本日の箇所にはそのような記述が記されているのですが、何よりこの出来事の意味について考えさせられます。先ほどお話ししたように、この時、ヤコブは不安で不安で仕方ないような状況にいました。そんな時に、神の軍勢が現れ、ヤコブはその軍勢が、ヤコブたちと並んで共にいる情景を見たというのです。ヤコブにとってみれば、こんなに励まされる幻はなかったのではないかと思います。エサウと再会するにあたって、不安や恐れでいっぱいのヤコブに対し、神様は「今、この中にいるのは、あなたたちだけじゃないんだ」ということを見せてくださったのです。「何より神の軍勢が共にいてくれているんだよ」ということを見せてくださったのです。こんなに力づけられることはなかったのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »