「わたしは共にいる」

マタイ1章18-25節

ヨセフはごく普通の人でした。そんなヨセフが結婚することになりました。相手は、若く初々しいマリアという女性でした。ヨセフはマリアに比べて高齢だったと言われます。ヨセフはこれまで苦労して働きながら、歳を重ねてようやく小さな幸せを見つけた・・・。それがマリアとの結婚だったのではないでしょうか。しかし、そんなヨセフに思いもよらない出来事が起こります。結婚することが決まっていた許嫁のマリアが原因不明の理由でみごもったのです。このことを知ったヨセフは、一気に奈落の底に突き落とされたような心境だったのではないでしょうか。身に覚えがない、許嫁の妊娠・・・。このことはヨセフをどれだけ傷つけ、苦しめたのだろうかと思います。散々悩んだ挙句、ヨセフはマリアとひそかに縁を切ろうと考えたことが1:18-19に記されています。この2節の間に、どれだけのヨセフの葛藤や悩みがあっただろうかと思います。事実を知ったことの驚きから始まって、ショックで立ち尽くしたり、感情的になったり、あれこれ考えながら戸惑ったり、悩んだり、きっと誰にも分からないような場所で、悩みに悩みぬいたのではないかと思います。聖書は、そんなヨセフについて、「ヨセフは正しい人であった」と記しています。悩んだ末にヨセフが出した結論というのは、ヨセフなりにこの状況の中で相手を思いやり、自分のできる精一杯の筋を通そうとした選び取りでした。

そんなヨセフのもとに、主の御使いが現れました。そして、語ったのが、「ダビデの子ヨセフ、恐れず妻マリアを迎え入れなさい」(1:20)ということでした。夜中に一人問題を抱え、「どうしよう、どうしよう」と思い悩んでいるヨセフに対して、主の天使は「恐れるな」と語ったのです。この「恐れるな」とのメッセージは、私たちがクリスマスの記述を読む時に、ポイントとなるメッセージです。聖書には、ヨセフ以外にもクリスマスの知らせを聞いた人々の記述がありますが、そこで神様はくり返し「恐れるな」と呼びかけてくださっているのです。私たちはこのことを覚えていたいと思います。私たちは時に、ヨセフと同じように日々の様々な問題に悩み、葛藤を通らされていることがあるかも知れません。しかし、主はそんな私たちに出会ってくださり、「恐れないでいいんだ」と呼びかけてくださるのです。
その後のヨセフの歩みというのは、順風満帆、何のトラブルも問題もなかった歩みではありませんでした。彼らは出産の時でさえ、宿屋が見つからなくて、仕方なく、家畜小屋で子どもを産むはめになりました。その後も王様から命を狙われ、エジプトに避難しなければなりませんでした。そんな彼らの記述を読む時、「恐れるな」という言葉が、何の問題がないということではないということを知らされます。彼らが立たされた現実には未だ色々な問題がありました。でも、恐れないでいられたのです。それは、神様がいつも彼らと共にいて、励まし、支え、導き、救ってくださるからでした。そのことを信じ、委ねることができる…。だから、恐れないでいられるのです。このように、私たちはインマヌエルの神に出会うゆえに「恐れるな」とのメッセージに生きることができるのです。

(鈴木牧人)

“礼拝メッセージ(2016年12月18日)” への1件のコメント

コメントを残す

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。