「テモテのように」

フィリピ2:19-24

「さて、わたしはあなたがたの様子を知って力づけられたいので、間もなくテモテをそちらに遣わすことを、主イエスによって希望しています。」(2:19)

この御言葉には、パウロの色々な思いが込められているのではないでしょうか。この時、フィリピ教会の人たちは迫害の最中にありました。パウロにしてみれば、フィリピ教会の人たちが痛いほど分かりました。ですから、フィリピ教会の人たちが不安な思いで過ごしているんじゃないかとか、信仰が揺さぶられるようなことがあるんじゃないかと心配だったんじゃないかと思うのです。実際、フィリピの信徒へ手紙を読みますと、そんなパウロの思いがにじみ出てきているように思います。そういう思いの中で、フィリピ教会に人たちに対して、「あなたたちがちゃんと信仰に立って歩んでいることが私にとっての何よりの励ましなんだよ。わたしはあなたがたの様子を知って力づけられたいんだ」というふうに語られているのだと思うのです。

そんなふうに「わたしはあなたがたの様子を知って力づけられたい」という言葉にはパウロのフィリピ教会の人たちに対する親心のような思いが現れているのではないかと思います。ただそれだけでもないとも思います。単純にパウロとして、フィリピ教会の人たちがイエス様を見上げて歩んでいる様子を知って、励まされたい、力づけられたいという思いもあったのだと思うのです。パウロ自身、この時、牢獄に捕らえられているような状況でした。そういう状況の中で、パウロもまた励まされ、力づけられたいという思いがあったのだと思うのです。

現在、私たちは本当に大変な状況にあります。中々他の人との関わりが持てないことが特にしんどい思いにさせられます。しかし、そのような状況の中で、互いに信仰をもって歩んでいる姿を垣間見る時に、本当に励まされます。まさに現在、毎週毎の礼拝の後に皆さんから「インターネットの礼拝に出席しました」というメールをいただく時に、私は本当に励まされています。そんなふうに、この大変な状況の中、それでもそれぞれの場所でイエス様を見上げ、歩んでいる…。その信仰の姿を知らされる時、私たちは励まされ、力づけられるということがあるんじゃないでしょうか。パウロもきっとそうだったんだと思います。パウロもフィリピ教会の人たちのような信仰の同労者の歩みに力づけられる…。そういう経験をしたのだと思うのです。

 そんな中、改めて、本日の箇所から、信仰者としての繋がりの豊かさというものを思いました。私たちはたとえ困難の状況のあっても、その中で自分たちが一人ではないんだ…。そんなふうに互いに覚えあい、祈りあうことができます。そのように共に主を見上げる兄弟姉妹が与えられているということは本当に励まされることですし、力づけられることです。信仰者としての繋がりというものはそういう豊かな繋がりなんだなと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »